山田秀砂(ひさ)は、3つのぶれない志「命を守る場所の確保」「市民力に資金を」「まちづくりの中心には市民」で、いままでに築き上げた「共感と信頼感」を大切に育てながら進んでいきます。
秀砂とつながるブログ

秀砂とつながるブログ

同じ後悔は誰にもして欲しくない ~シェアします~

同じ後悔は誰にもして欲しくない…と誰もが思うでしょう……そのためには何をするべきなのか真剣に考えよう

退化してしまった多くの感覚を呼び覚ます時代に突入したのかもしれない ~シェアします~

退化してしまった多くの感覚を呼び覚ます時代に突入したのかもしれない・・・女性たちの多くは「何かを感じる力」に恵まれているような気がします。 もし災害に関して「危惧感」を感じたら、自分の直感を信じて警戒しましょう・・・後悔 …

嘘とごまかしを数の力で強行する事が多過ぎませんか…間違っています… ~シェアします~

安倍政権の自民・公明の議員の方々は事実を知らされていないのですか? それとも何も言えないのですか? 政治に関わる「覚悟と志」などない? 嘘とごまかしを数の力で強行する事が多過ぎませんか…間違っています…

市教育委員会の安易な責任逃れと感じます…大切な命を失う事もあり得る事です ~シェアします~

市教育委員会の安易な責任逃れと感じます…大切な命を失う事もあり得る事です、深い考慮と行動が必要…組織のあり方と姿勢が問われます…市教育委員会のトップは市長で組織の人選は、市長に委ねられているのです…

安心・安全は信頼の上にしか成り立たないのです! 4年に1回言うだけでは、誰も信じません… ~シェアします~

池上さんが言うと信じられて「何かしなければ」と思える…安心・安全は信頼の上にしか成り立たないのです! 4年に1回言うだけでは、誰も信じません…

英断の出来るトップには市民で後押しをしましょう…安心・安全は信頼の上にしか成り立たないのです… ~シェアします~

「釜石の奇跡」の事例は防災教育の必要性を訴え、全小中学校を休校にし、全ての教職員を職務として片田教授の津波防災講演へ参加させ、その後、一丸となりなわずか三回の実地訓練が実を結び「自然に体が動いた」と子供たちは自分達で命を …

ささやかですがこれからも応援の心と行動を続けて行きます

大川小学校の犠牲児童のご遺族が3月11日をどのような気持ちでむかえるのかを考えただけで、胸がつぶれる想いです…あの日から時間は止まったまま…何故校庭に50分以上いて、登れる裏山に逃げずに津波が遡上する川へ向かったのか…事 …

20180929_災害大国の学校安全を考える

今後も「強い揺れや津波注意」=東日本大震災8年で政府調査委 ~シェアします~

多分、本当に言いたい内容の70~80%の発表だと感じます…家族や近隣住民と出来る範囲の助け合える事、出来る事を話しましょう…誰かの一歩に皆ついてくるかもしれません…

« 1 5 6 7 8 »
PAGETOP
Copyright © 山田秀砂 (ひさ) 公式サイト All Rights Reserved.